猫をどこから迎え入れるか

猫を飼うまで

猫を飼いたいと思ったら、どの様に行動すればよいでしょか。

1、知り合いの猫を飼ってる人に相談する。

2、ペットショップに行ってみる。

3、インターネットで検索する。

4、保健所に問い合わせて行ってみる。

この4つぐらいだと思います。野良猫をわが家に招き入れるのは、昔はありましたが、都心部ではもう野良猫はほとんど見かけません。保護団体の方が、定期的に避妊や去勢手術をして、猫が増えないように見て回って言います。今ではかなり少なくなっています。

1、知り合いの猫を飼ってる人に相談する。

自分の知り合いに猫を飼っている人がいたら相談すると良いです。個の知り合いというのは、自分の直接の知り合いの人です。知り合いの知り合いとかですと、基本他人です。信頼できる知り合いの方自体が猫を飼っていない場合はあきらめましょう。

信頼できる人が猫を飼っている場合は相談されると良いでしょう。飼い猫同士のグループなどもあるかもしれません。その飼い猫グループ中の一人は、ボランティアをしている可能性が高いです。基本的に良い猫にあたる可能性があります。

2、ペットショップに行ってみる。

ペットショップは基本的にNGです。猫も犬も動物全般ここから買ってはいけません。ペットショップも良いペットショップから、悪いペットショップ色々ありますが、商売にしている以上動物を動物と認識していません。厳しい言い方かもしれませんが、人間にとって見た目の良い品種改良されたロボットを製造しているようなものです。ペットショップからの購入は人間にとっても、猫にとってもよい未来はないでしょう。

3、インターネットで検索する。

 

知り合いがいない場合は、この方法がベストです。今はネットの時代です。インターネットで沢山の里親サイトがあります。保護団体や、ボランティアの方中心のサイトが多いです。自分も里親サイトから1匹目を紹介してもらい、その知り合いの方から2匹目を紹介していただきました。初めは、色々大変でしたが、良い方に巡り合えて2匹と家族になれました。

インターネットの里親サイトのデメリットは、独身や男性ですと初めの段階で断れる確率が高いです。あとは、小さいお子さんのいる家庭もです。前者は、虐待を恐れて断られるのが一般的です。後者は、小さいお子さん、猫を飼い始めてもいたずらしたり、たたいたりするみたいです。本人は悪気がないのですが、猫は家に着くものです。なかなか人間になれませんので、初めの段階で小さいお子さんがいると、里親さんもしり込みしてしまうみたいです。

しかし、根気強く、何度もお願いすればきっと良い子に巡り合えます。自分の猫を飼いたい思いをうまく伝えられればきっと良い出会いがあると思います。

4、保健所に問い合わせて行ってみる。

こちらは、少しお勧めします。保健所殺処分される猫は基本的にNPOや、ボランティアの方が引き取ってくれます。そのような方はいわゆる、プロですので、プロの方にお任せするのが一番だと思います。保健所から引きとられた猫を専門にしているサイトがありますので、直接行くのではなく、そちらのサイトに問い合わせたり、ボランティア団体に問い合わせをすることをお勧めします。

 

猫をどこから迎え入れるかまとめ

猫は大事な家族です。家に帰ると必ず待っています。猫は気分屋で自分が機嫌の悪い時はそっぽを向きます。猫はお腹がすいたら人間に甘えてきます。大事な家族を迎え入れるにあたって、家族が商品として生まれてくるなんて嫌ですねよね。ペットショップやブリーダーなど、商売として販売をしているところから迎え入れるのはNGです。

犬猫の殺処分の数は、ここ数年で39万頭→13万頭にまで減少しています。減少の背景には、動物愛護法の改正や、民間の保護団体の引き取りが大きく貢献しています。それでも、毎年10万頭以上の犬猫が殺処分されています。可愛くなくなったから飼えない。病気になったから飼えない。引っ越すから飼えない。など、理由は様々ですが、動物を物や道具のように飼っている方が何万にもいるのが現状です。少しでも、犬や猫の事を思えば、絶対に売られている動物を買ってはいけないと思います。

これから、猫を飼おうと思われる方は是非参考にしてください。1匹でも尊い命が救われますように。

それでは、ご覧いただきありがとうございます。