猫の逃走防止用フェンスの設置

猫を飼うまで
タカシ
タカシです。今回は、飼い猫が誤って逃走をしてしまわないように、玄関や、窓にフェンスを設置する事をまとめました。

猫は家に来て間もない頃は外に逃げ出します。一度逃げてしまった猫はなかなか戻って来ないと言われています。外は、危険がいっぱいです。里親様に、飼い猫をを守る為に逃走防止用のフェンスの購入を義務化されました。果たして必要なのか、必要でないのか、その辺りも実体験からお伝えします。

 逃走防止用フェンスとは

逃走同士用フェンスとは何ぞや?と思われるかもしれませ。私も、実際、里親様に言われて初めて知りました。

玄関や、窓など、人間が出入りする場所や、換気の為にあける場所に万が一猫が逃げてしまわないように防止するためのフェンスです。

我が家は当時、1Kマンションで暮らしていましたので、玄関を入ると、右手にトイレ、左前にキッチンがあるタイプでした。キッチン奥が部屋でした。キッチンと、部屋は扉で仕切られていましたので、基本的に猫がキッチンの方に来ることはありません。しかし、里親様に必ず、玄関に防止策をしてくださいと言われましたので、上記のようなフェンスを自作して、玄関に取り付けました。

自分が、猫を飼い始めた頃は、上記のようなフェンスはなく、網フェンスと突っ張り棒をインシュロックでつなげて自作していました。色々試行錯誤して、購入費は1万円ほどかかりました。

 逃走防止フェンスの役割

逃走防止フェンスを設置してから、猫を玄関のある廊下まで自由に行き来出来るようにしました。しかし、わが家の「みけ」はビビりなので、まったく玄関の方にはいきません・・・・

里親様曰く、逃げ出そうとする猫は、本当に隙を見て外に一目散に逃げるみたいです!たまたま、わが家の「みけ」が逃げ出すタイプではなかったからだと思います。

ちなみに、逃げ出すタイプの猫は、1ヶ月ほどケージの中に入ってもらい、少し慣れてきたら、玄関や窓を絶対開けない状態&飼い主がいる状態で部屋に出す。そして、1年ほどは、慣れても絶対に窓を開ける際は逃走防止用のネットを固定し、更に、飼い猫はケージに入れておくみたいです。徹底してます。里親様の家では、絶えず新しい猫が入ってきて、合計10匹ほどで常に生活しているそうです。その為、厳重に逃走防止策をしていても、年に1,2回は逃げてしまうそうです。そして逃げてしまった猫はほとんど見つからないみたいです。

そのような経験上、新しい里親様にトライアルに行った時が一番逃げやすいみたいです。私も含めて、基本的に「猫は逃げる」と思っている方は非常に少なく、安易な考えでドアや窓を開けてほんの数秒でいなくなってしまう猫が多々いると言っていました。私の元の里親様の猫は野良猫のみでしたので、どうしても、人間に慣れていない猫たちばかりだそうです。この猫が、しかっりとした生活になるには、やはり時間がかかるみたいです。その為、逃走猫が多々いるそうです。

 100均のDIYで十分です!

結論から言いますと、逃走防止フェンスはいりません!これまで、逃走防止策の説明をしてきてなんですが・・・すみません。実際のところ、逃走してしまわないように気を付けていれば大丈夫だからです。

1、飼い猫がいる間は、玄関などを絶対に開けない!

2、掃除や換気をする際は、ケージに入れておく!

上記2点で十分防げます。それでも、逃走大好き猫の為に防止策をするのでしたら、100円均一のDIYで十分です。高いお金をかけてやる必要は全くありません。うまく組み合わせて、玄関や窓に設置してください。

 

実際にDIYで自作した防止策をまとめてあります→「シェービズのブログさん」

自作で簡単にきれいに作ってあります。これで十分防止になります。是非参考にしてください。

 実際に逃走してしまったら

実際に猫が、逃走してしまったらどうすればよいでしょうか?こちらは、実体験ではないのですが、元の里親様曰く、すぐに私に連絡してください。とのことでした。つまり、逃走時に何をするかわかっているようです。

具体的には、保健所に必ず連絡を入れて、そのあとは、里親ネットワークでつながっているので、すぐに共有できるそうです・・・何とも恐れ入りました(^-^;里親様あるあるの様に言われましたので、間違いないと思います。自分も、この先万が一逃走してしまうようなことがありましたらすぐに連絡します。そして、その時に勉強したいと思います。その前に、気を付けるを最優先で生活していきます。

 猫の逃走防止用フェンスの設置まとめ

もともと野良猫だった猫を里親に迎えるには要注意です!せっかく安全な場所に来たと思っても、猫には里親宅が安全かは解りません。隙を見て本当に逃げ出す可能性があります。猫が逃走しないようにするには、普段からの心がけ、注意して生活することが第一です。玄関を空ける時は、猫を別の部屋にいさせる。掃除や換気の時は、猫はケージに入れておく。この二つを徹底していれば逃走はできません。夏場に網戸だから大丈夫とか、少しだけ外にゴミ捨てに行く間だけ、などと油断していると逃げられます。逃げたら二度と会えないと思って行動してください!

現在私の家では、逃走防止フェンスはありません。しかし、万が一の為肝に銘じて、逃走しないように注意して生活しています。この注意を怠らないようにする事で猫と楽しい暮らしができますものね!^^

それでは、ご覧いただきありがとうございます。