旅行で留守にするときの準備

家での生活
タカシ
こんにちは、タカシです。今日は、旅行や出張などで家を空ける時どの様な準備をして出かけるかです。実際に最高で4日間ですが、不在にしていました。その時の準備やケアをどの様にすればよいかを実体験を元に説明します。

 結論から言いますと下記3つの確認をして対応してください

猫を飼っている人は必ずと言って良いほど体験する事。それが外出です。可愛い家族を置いて出かけるのは心苦しいと思います。また、留守中に何かあったら大変と思って、旅行などを断ったりしてしまった体験があると思います。また、旅行だけでなく、会社の出張や、付き合いなども断ってしまっては、日常生活にかなり支障が出てしましまいます。その為に下記の3つを確認してから出かけましょう!大丈夫です。猫はあなたの思っている以上に1匹で生活できます。

1、留守にする日数を確認する

2、猫が悪戯しないようにしそうな物は隠しておく

3、家族やペットシッターに確認

簡単に言うと基本的に3点で十分です。

順番に見ていきますと、1番の留守にする日数を確認するは、何日間留守にするかで餌の準備をどうするかを考える必要があるからです。

1日だけの場合は、いつもより多めの餌を用意するだけでOKです。猫の餌は、グラムで計算していると思いますので、出かける際に留守の日程分の餌を入れておけばOKです。できたら、普段お皿1つのところを2つにしてあげると良いと思います。勿論、水も×1日分です。

2日の場合。この場合は、餌+トイレも追加の必要があります。我が家は2匹ですので、普段はトイレ1つを共同で使っています。2日間留守にする場合はトイレが足りなくなってしまうので、もう一つ準備が必要です。1匹の場合はぎりぎり大丈夫だと思います。しかし、できましたらトイレを2個用意してあげましょう。猫は非常にきれい好きな動物です。トイレが汚いと別のところで粗相をしてしまいます。また、わが家では2日間以上の場合は、餌を自動補給機にしています。これですと2日分のお皿がいりませんので大丈夫です。自動補給期機は1台で兼用です。

3日以上場合は、基本的にペットシッターや家族がいればお世話を頼みます。3日間以上ですと、トイレが間に合わなくなってしまいます。トイレを何個も持っていれば別ですが、普段必要ないので3日間以上の場合は頼んでいます。幸い、わが家では母親が見に来てくれますが、以前は知り合いのペットシッターに頼んでいました。通常より安くやってくれるのと、あと、安心感があります。鍵を渡さなくてはいけないので、なるべく猫好きの知り合いに頼むのも良いと思います。自分なら喜んでやります!

4日以上は一緒です。猫は、飼い主が思っているほど1匹でも全然大丈夫です。基本的に暇なら寝てますので。

あと、2番の悪戯しそうなものを隠しておくのも必須です。飼い主がいる時は時間帯が決まっていますので、入ってはいけないところは注意されたりしますが、人間がいないと別です。普段乗らないテーブルの上だったり、キッチンのガスコンロの上に平気で乗ってきます。その際に悪戯しそうなものは徹底的に部屋から出して出かけましょう。帰宅後に大変なことになったことが多々あります。その体験は下記でお伝えします。

 留守中の注意点 「諦めずに対応してください」

猫に留守番をさせて、大丈夫で無かった事は多々あります。病気や、何か大事に至った経験はないのですが、結構やられましたので、注意していきましょう。

悪戯するものを置いていった結果です。普段は大丈夫ですが、長期間留守にすると悪戯具合が増します。

1、食器洗いスポンジで遊ばれて床に散乱

2、ティッシュをひっくり返して床に散乱

3、ロボット掃除機が作動していて、部屋中大暴れ、ロボット掃除機破損

4、食べ過ぎて嘔吐物が多々あり

この4点ぐらいでしょうか。1~3番はクローゼットに隠しておけば大丈夫ですが、4番は無理です。我が家のチロちゃんは、体が小さい割に、沢山食べそしてよく吐きます!普段でも吐き癖があるので、出かける際は祈るばかりです。これに関しては、慣れるしかないです。猫も、少しづつ勉強して食べすぎなことを自覚しているみたいです。普段、調子悪い時は小分けにして調整していますが、留守中は無理ゲーです。諦めて慣れるのを待ちましょう。

実際わが家のチロちゃんも最近では、吐き癖がかなり収まってきました。可愛いわが子です時間をかけて少しずつ慣れていってもらいましょう。留守中はとにかく、悪戯しそうなものはいつ残らず隠すのが鉄則です!忘れると旅行帰りに大仕事が待っていますよ!

 猫が小さい時は諦めましょう

ここまで、猫は人間が思っている以上に猫だけで大丈夫と記載しましたが、子猫の時や、慣れていないうちはやめましょう。

理由としては、猫のストレスになるからです。現代では、猫は人間がいないと生活できない生き物です。子猫の時は不安になって夜泣きが始まったり、家に来て間もない頃は、飼い主にすらなれていないので、猫にとっては相当なストレスになります。人間の子供と同じですね。買い物で1時間でも留守番をさせるのは、幼稚園になったぐらいじゃないでしょうか。ある程度自分でできるようにならないと猫も飼い主も不安です。また、折角の旅行や出張が、飼い猫が気になって楽しめなかったり、仕事が上手くいかなかったりします。

どうしてもという時は、長時間ペットシッターに見てもらったり、知り合いに長い時間見てもらうように頼みましょう。お金と手間がかかるのは覚悟してください。

 旅行で留守にするときの準備まとめ

猫を飼い始めると、ずぅ~~と一緒位に居たいのは当然です。しかし、旅行や出張でなどで留守にするときは必ずあります。その際には、しっかりとした準備があれば全然大丈夫です。我が家の猫はもともと野良猫でしたので、2,3日飲まず食わずだった頃もあったと思います。獣医さんにも言われましたが、「吐き癖があるなら食べさせなきゃ良いんだよ」「食べるから吐くんだよね」なんて言われた位です。猫は、2,3日飲食をしなくても平気で生きられます。留守中の吐き癖は慣らすしかありません。時間をかけて成長を見守りましょう。

小さい時、慣れていない時期はできる限る留守番はさせないようにしましょう。猫のストレスになってしまいます。可愛いわが子に旅をさせるのは慣れてきてからにしましょう。

悪戯しそうなものは、できる限り隠して出かけましょう。普段人がいる時間にいないと、猫は色々悪戯すら生き物です。できる限り隠して出かけましょう。

猫の年齢や、頭数によって若干の違いはありますが、わが家ではこの様に出かけています。旅行先で少しは心配になりますが、帰ってきたら結構飼い主を忘れてしまっています(^-^;

それでは、ご覧いただきありがとうございます!